1. 看護師の求人・転職トップ > 
  2. 千葉県の看護師求人 > 
  3. 佐倉市の看護師求人 > 
  4. 医療法人社団 誠仁会 みはま佐倉クリニックの看護師求人 > みはま佐倉クリニックをwebで病院見学
おうちでゆっくり見学できます♪webで病院見学 あなたに代わって、見学に行ってきました!

医療法人社団 誠仁会

みはま佐倉クリニック

( 泌尿器・人工透析専門クリニック )

編集部が取材しました

見学の下調べ

一口に「透析」といっても、医療機関によって機械や治療方針に違いがあるそうです。せっかく働くなら、最新の設備や環境の整った職場を選びたいですよね。「みはま佐倉クリニック」の母体は、泌尿器科・人工透析・慢性腎臓病予防で豊富な実績をもつ「誠仁会グループ」。千葉県内に4つの透析施設を展開し、各施設で大病院に引けをとらない治療を実践しているとのこと。今日はその現場をしっかり見学してきますね!

形 態
泌尿器・人工透析専門クリニック
所在地
千葉県佐倉市/ユーカリが丘駅
病床数
19床

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
自然が豊かな「ユーカリが丘駅」周辺は、子育てに最適な住環境。緑の多い公園や、託児所・学童保育施設が多いそうです。駅からシャトルバスに乗り、5分ほどで「みはま佐倉クリニック」に到着しました。玄関で迎えてくれたのは、4歳のお子さんをもつママさん看護師さん。道を挟んだ目の前に、東邦大学医療センター佐倉病院があるんですね。「はい。同じ地域の医療機関として連携を図り、他科の受診が必要な患者さんを受け入れてもらっているんですよ」。
待合ロビー
わぁ〜、きれいな待合ロビー。品があって、すごく落ち着いた空間ですね。「ありがとうございます。見学者の方には、いつもロビーの雰囲気を気に入ってもらえます。2008年に完成した建物とは思えないほど、今だに新築みたいにピカピカなんです」。職場のハード面がきれいなのは嬉しいポイント!入院病棟も、清潔な空間が保たれているそうです。
外来
外来を覗くと、永川院長が診療にあたっていました。「永川院長は泌尿器科専門医なので、前立腺肥大や前立腺癌、過活動膀胱などの患者さんの診療も行っています。外来透析だけでなく、幅広い泌尿器科疾患にも対応しているところが大きな特徴です」と、看護師さん。東邦大学医療センター佐倉病院の泌尿器科と連携し、同センターのサテライト外来のような機能も果たしているんだとか。
透析室
お次は、70台のベッドが並ぶ透析室へ。「こちらは看護師長です。5歳のお子さんを持つママさんなんですよ」と、紹介していただきました。子育てをしながら管理職として働くのは、大変そうですね。「そんなことはありません。残業は少ないですし、育児支援(夜勤免除・短時間勤務・保育手当など)も整っていて、たくさんのママさん仲間と助け合って働いていますよ」と、師長さん。看護部はほとんどの方が育児経験者なんだとか。
透析室
入職後は2カ月にわたる研修期間が設けられており、マンツーマンのOJTが受けられるそうです。その機器は何ですか?「血管内腔が見えるエコーです。血管がほとんど見えない患者さんもいるため、看護師がエコーを活用することで、穿刺の時間短縮を図っているんです。新人さんには、透析治療の一連の手技だけでなく、エコーの扱い方もマンツーマンで指導するので安心してください」と、看護師さん。
透析室
患者さんの健康寿命を延ばすため、透析中の運動療法を取り入れているそうです。「ボールやゴムチューブを活用して、それぞれの患者さんに合った運動メニューを提案しています。日進月歩の透析医療において、最新の情報を吸収するため、学会などに積極的に参加して新しい取り組みにつなげています」と、看護師さん。
手術室
透析中のシャントトラブルや、泌尿器科手術に対応できる手術室が完備されていました。クリニックに手術室は珍しいですよね?「シャントが狭くなったり、詰まってしまった場合、迅速に対応できる手術室があるのは、患者さんにはもちろん、私たちにとっても安心です」と、看護師さん。重症例に対しては、本院の「みはま病院」で迅速に受け入れてくれるそうです。
病棟
お次は、病棟のナースステーションにやってきました。亜急性期入院を受け入れていて、急性期は「みはま病院」、長期療養は「みはま成田クリニック」と、法人内で役割を振り分けているそうです。看護師さんは、病棟と透析室で配属が分かれているんですか?「いいえ。外来、病棟、透析室を兼任しています。希望すれば手術室も兼任できるので、1つの職場でいろいろなスキルを身に付けることができますよ」と、皆さん。
透析機械室
つづいて機械室で、臨床工学技士さんのお話を伺ってみましょう。働く上で、気をつけていることはありますか?「機械の管理だけではなく、患者さんと積極的にコミュニケーションを取るようにしています。バイタルチェックなど、私たちにもできることは積極的に引き受け、看護師と役割を分担しながら働いています」。
カンファレンスルーム
カンファレンスルームを覗くと、多職種の皆さんが集まっていました。「当クリニックでは、多職種によるチーム医療を実践するため、患者さんへの生活指導内容や内服薬・注射薬などを決める際は、このような『オーダー会議』を開催しているんですよ」と、皆さん。
食堂
最後は職員食堂へ。1食230円で、毎日できたての昼食が食べられるそうです。こちらに貼ってあるものは何ですか?「誠仁会グループ合同の新人歓迎会の写真です。毎年必ず、豪華なホテルで美味しい食事を楽しみながら、新入職員を歓迎しているんですよ。この他にも、バス旅行、運動会、忘年会など、さまざまな職員行事があるんです」。わぁ、楽しそう!グループ施設の職員とも交流できるんですね。今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。母体のしっかりした透析クリニック、いかがでしたか?
長い歴史と豊富な実績をもつ「誠仁会グループ」の診療方針のもと、近隣の大学病院とも連携を図りながら地域医療に貢献していました。アットホームな規模ですが、入院設備や手術室も整っており、いろいろな経験を積める職場でしたよ。
――教育環境についてはどうでしたか?
グループ共通の教育プログラムがしっかりと確立されていて、入職後は2カ月間の新人研修が設けられていました。人工透析の手順ってどの施設でも同じかと思っていましたが、誠仁会グループは独自のマニュアルを作成し、水質管理や機械にまですごくこだわっていました。
――では、ここはちょっと、という点は?
毎年、産休・育休取得者が出るので、師長としては、もう少し人員にゆとりが欲しいそうです。でも、看護師さんが足りない時は、臨床工学技士さんやドクターがしっかりサポートしてくれているそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
クリニックをまとめる永川院長の特技は、なんと日本酒の「利き酒」!忘年会などの宴会の場では、院長オススメの美味しい日本酒を、解説付きで飲み比べることができるそうですよ。

こんな人にピッタリ!!

  • 歴史と実績のある法人のもと、未経験から透析スキルを身に付けたい方
  • 幅広い部門で働きながら、腎・泌尿器科疾患を学びたい方